8月 12th, 2022 by admin

“初めてスマホを利用する人や、ガラケーからスマホデビューする人におすすめの格安スマホと言えば「トーンモバイル」です。お子さんにも安心して持たせられる機能やサービスが充実しているトーンモバイルの魅力に迫ってみましょう。
【初心者も安心のスマホ利用ができるトーンモバイルの「TONEファミリー」とはどんな機能?】
トーンモバイルは九都県市推奨で東京都からもお墨付きをもらっている格安スマホ会社です。お子様に初めてスマホを持たせるという親御さんは心配も多いと主追いますが、トーンモバイルではネットもリアルも見守る独自システムである「TONEファミリー」機能があります。
TONEファミリーの機能についてまとめてみましょう。
<TONEカメラ>
2021年青少年に関する政府計画に一部先行的に対応しており、東京都推奨機能を搭載しています。TONE AIではいつでも見守りができるように「TONEカメラ」で自画撮り被害を防止することが可能です。お子さんがSNSを利用するようになると、悪意を持った人物に騙されたり、脅されたりして裸を撮影した上、写真をメールなどで送信させられる「自画撮り」などの被害に遭う危険性があります。
そこでTONEカメラでは児童の性被害のうち最も多くを占める「自画撮り被害」を未然に防ぐ機能を備えているのです。AIが裸などの不適切な写真の撮影を自動でブロックし、検知した後に保護者へ通知が送信されるようになっています。被害を防ぎながら、お子さんの危険をいち早く保護者に伝えることができる機能です。
<GPSで居場所を見守り>
TONEファミリーではGPSで居場所を見守る機能があり、通学・通塾に伴って親元を離れていてもしっかりと見守りすることが可能です。
・居場所確認
GPSでお子さんの居場所をいつでも簡単に見守る機能です。専用アプリでAIに聞くだけで教えてくれます。
・乗り物通知
電車やバスなどの乗り物に乗った時に、移動状態を検知してAIが専用アプリで通知してくれます。
・ジオフェンス
学校や塾など特定の場所を設定しておけば、お子さんの到着・移動をAIが自動通知してくれます。
<細かな利用制限ができる>
TONEファミリーでは、夜間や学校の時間など、スマホ全体もしくは、特定のアプリごとに利用禁止の時間を30分単位で細かく設定できます。さらにYouTubeは禁止、LINEはOKなどそれぞれのアプリごとのきめ細やかな制限も可能です。
連絡手段としての機能は制限せずに、お子さんが使い続けてしまう特定アプリだけを制限すれば、スマホ依存を事前に予防できるでしょう。さらにTONEファミリーではアプリ・Webの利用状況、移動履歴、歩きスマホの情報を「あんしんレポート」にまとめてAIが報告してくれるので、スマホ利用の見直しにもおすすめです。
<SNSいじめを未然に防ぐ>
TONEファミリーの専用アプリである「Oneファミリー」は、SNSメッセンジャーアプリの便利さを損なうことなく、SNSいじめなどの問題からお子さんを守ることができる家族間でのメッセンジャー機能となっています。
見守る保護者のスマホにもOneファミリーのアプリをインストールすることで、家族とのメッセンジャーとしての使用だけではなく、GPSによる居場所確認、見守り対象スマホの利用時間制限、アプリ制限の設定などが可能です。
<フィルタリング>
アプリごとに利用時間帯を制限できます。
<歩きスマホ防止>
AIがチャットアプリで居場所をお知らせし、歩きスマホを防止します。
トーンモバイルのTONEファミリー機能は、見守り機能の設定をいつでも変更することができます。そのため小学生から高校生まで年齢に応じた見守りをすることができるでしょう。
【オリジナルのスマホ「TONE e21】
トーンモバイルでは、オリジナルのスマホ機種があります。オリジナル機種の「TONE e21」は21,780円と格安料金となっており、月額料金も1,100円~と経済的です。
4つのカメラでプロ級の写真を撮影することができ、2倍のストレージでサクサク動くので、利用しやすいです。
,”

8月 11th, 2022 by admin

“スマートフォンを購入するうえで欠かせないものに「カメラ性能」があります。今では、SNSや動画サイトへの投稿も考えてスマートフォンを購入する人が増えているため、ほぼすべてのスマートフォンブランドでカメラ性能や機能のバリエーションが豊富になりました。
今回はそんなカメラ性能の中でも、世界中から支持されているものをピックアップしていきます。
まず、ありきたりかもしれませんが「デジタルズーム」から紹介していきます。デジタルズームとは、レンズを動かしていない状態のままズームアップさせる技術をいうのですが、今と昔ではデジタルズームの性能がまったく違います。
過去のデジタルズームは「倍率が低い」、「補正がかからない」ためぼやけた映像を映すことしかできませんでした。しかし今ではこのようなトラブルも起きなくなっているので、スマートフォンを購入するうえでデジタルズームが欠かせなくなっているのです。
デジタルズームを補足させていただくと、「倍率が高い」ほうをデジタルズームと言います。倍率が低いほうは光学ズームというので注意してください。
そんな光学ズームですが、利点は「高画質な撮影が可能」なところです。遠くから景色も含めて人を写そうという場合は光学ズームで十分でしょう。ただし、デジタルズームとはちがい光学ズームは、スマートフォンブランドによって搭載されているものとないものとで分かれるので注意してください。
スマートフォンのカメラ撮影機能その2ですが、「手ぶれ補正機能」が今では大人気となっている機能の1つです。
実をいうと、今でもスマートフォンによっては手ぶれが起きるようになっているため、手ぶれ補正機能なしのスマートフォンを購入してしまうと、人によっては望んでいたものとは違うものを購入したことになります。
手ぶれ補正機能にもデジタル式、光学式の2種類があり、光学式のほうが手ぶれ補正機能は「高品質」なので、高品質なスマートフォンを購入したい場合は光学式を選択するとよいでしょう。
そのほかでは、「AIカメラ機能」も知名度がぐんぐんと上昇しています。というのも、カメラ機能というのは基本的に設定を「自分で調整しないといけない」弱点があるからで、AIカメラ機能ありのスマートフォンであれば、夜景で遠景などシチュエーションに合わせて最適な設定を自動セットアップしてくれるからです。
スマートフォンの広告では、誰でもプロのように撮影できる・・・このようなキャッチコピーが使用されているものもありますが、このようなスマートフォンはAIカメラ機能によってプロのように撮影できるわけです。また、AIカメラ機能搭載のモデルというだけで高価なスマートフォンは少ないため、なるべくこちらも搭載しているスマートフォンを購入したほうがお得でしょう。
そのほかにも、「セルフィー機能」と呼ばれる機能を搭載しているスマートフォンも存在します。
セルフィー機能とは、「自撮りを可能とする機能」のことで、カメラ撮影時にボタンではなく手のひらを見せると、自動で認識して撮影してくれる便利機能などが存在します。
今ではSNSなどで自撮りが流行しているため、このような機能をもつスマートフォンも人気です。セルフィー機能の中にはタイマー機能と呼ばれる、指定の時間後に撮影される機能や、笑顔をしているだけで自動で撮影してくれる「スマイルシャッター」と呼ばれる機能もあり、スマートフォンブランドによって差が生じるので、すべてのスマートフォンにすべてのセルフィー機能が搭載されているわけではありません。”

8月 10th, 2022 by admin

“スマホリングはスマホの落下を防止するだけではなく、スマホスタンドとしても活用できる製品があります。今回は豊富な種類があるスマホリングの選び方や注意点をまとめてみましょう。
【スマホリングの選び方】
スマホリングは背面リングタイプ、ストラップタイプ、バンドタイプなど様々な種類があります。デザインや素材もバリエーション豊富なので、どれを選べばよいか迷ってしまう…と言う人もいるでしょう。今回はスマホリングの選び方をまとめてみます。
<使用しているスマホ端末に合ったサイズを選ぶ>
スマホリングにはサイズがあり、貼り付けたいスマホ端末のサイズに合わせて選ぶことが大切です。サイズが合わないと持ちにくくなるので、ちょうどよいサイズ感の製品を選ぶようにしましょう。
コンパクトサイズのスマホでは、土台部分が小さくデザインされたスマホリングがおすすめです。土台と指にはめるリングのサイズが同じくらいの製品だと使いやすいでしょう。
大きめサイズのスマホをお持ちの方は、安定感を高めるために土台が大きいスマホリングがおすすめです。
<ケースに貼り付けるタイプのスマホリングは素材との相性を確認しよう>
背面リングやグリップタイプなどのスマホリングは、端末やスマホカバーの背面に両面テープで貼り付けます。この際、貼り付ける面の素材によっては上手く接着できないケースもあるので、素材をしっかりと確認しておくことが重要です。
スマホリングを貼り付けるのであれば、ハード素材のものがおすすめです。レザー、ファブリック、シリコン素材は貼り付けしにくいので注意しましょう。
<接着力・貼り直しができるかを確認しよう>
スマホリングを付ける際には、しっかりとくっつく接着力の強い製品を選ぶ必要があります。特に長く使用するデバイスに取り付ける時には、強力な粘着テープを使って貼り付けます。
また貼り付ける際には、貼り直しができるかどうかもチェックしておきましょう。貼り直しに対応したタイプのモデルの方が、安心感がありますね。多くのスマホリングでは特殊なジェルパットを用いて、貼り直し可能に対応しているものが多いです。しかしシール式のスマホリングは使い切りタイプになってしまうので注意しましょう。
【スマホリングを付ける際の注意点とは?】
背面リングタイプのスマホリングを取り付けると厚みが出てしまうため、ワイヤレスの充電ができなくなります。さらに金属製のスマホリングにおいても、安全装置が働く関係でワイヤレス充電が不可となるため、有線での充電となります。”

8月 5th, 2022 by admin

“スマートフォンのメモリ不足を補えるテクニックには、以下のようなポピュラーなものがあります。
スマートフォンのメモリ不足を補えるテクニックその1は、「再起動する」です。再起動するだけ・・・と思ってしまいますが、なんらかの不具合によって動作が遅くなることはあります。
ですが、スマートフォンを再起動することによって、プログラムなどが正常に動作することはよくあります。もしくは、「スマートフォンの箱を利用して正常化する」のも効果的です。
近年のスマートフォンの箱にはユニークなサービスが追加されていて、スマートフォンの状態を初期化するのを、マニュアルではなくケースに置くだけで対応してくれるケースも出てきました。初期化するのは非常にシンプルで、ケースに置いてしばらく待つだけで問題ありません。
スマートフォンのメモリ不足を補えるテクニックその2は、「OSのアップデート」です。OSは、アップデートするほどに脆弱性が取り除かれる・・・のですが、同時に不要なファイルが削除される、動作が簡略化される強みがあります。
また、スマートフォンはパソコンと同じようなトラブルが起きやすく、OSがアップデートされることによって、かえって動作が遅くなるケースもあるのです。このようなケースでは、公式サイトでアナウンスされることが多く、バージョンアップデートをもとに戻すサービスを利用するだけで、正常な状態に戻すことができるのです。
スマートフォンのメモリ不足を補えるテクニックその3は、「アプリのアップデート」です。OSのバージョンアップデートと同じで、アップデートすることによって簡略化されるだけでなく、動作が遅くなる原因をメーカーが突き止めて対処してくれるケースもあります。
緊急性については、OSよりもアプリのバージョンアップデートのほうが優先されます。というのも、放置されていると「バグが発生する、データが消失する、フリーズする」といったトラブルが起きやすく、特定の動作に対して確定で起きることもある・・・からです。
メーカー側で補償できることにも限度はありますので、データのバックアップを取ってから、アプリのバージョンアップデートを行うようにしましょう。
スマートフォンのメモリ不足を補えるテクニックその4は、「不要なアプリの動作をしばらく止める」です。こちらはアプリの動作を強制停止にしてから、その後は、動作しないように設定するだけで完了します。
最近になってインストールしたアプリの動作の影響で、スマートフォンのメモリ不足が指摘される場合は、こちらの対応のみで劇的にスマートフォンのメモリ不足が解消されるケースも少なくありません。このようなトラブルはゲームアプリで起きやすいため、よく覚えておいたほうがよいです。
そして、可能であれば「壁紙は初期のものを変えない」ようにするのも、実は、スマートフォンのメモリ不足を補えるテクニックの1つだったりします。
近年になって登場した壁紙の中には、動作を重くするもの、もしくはライブ壁紙と呼ばれる「動作が遅くなってもおかしくないタイプの壁紙」まで存在するのです。このような壁紙は、インストール時に注意用のアナウンスが設定されていないため、長期間にわたってスマートフォンのメモリ不足を発生させる要因になることまであります。”