1月 24th, 2016 by admin

25歳まで毎月5GBを増量するauの学割に対抗した形です。25歳ユーザーの家族は+3GBのまま変わりません。ソフトバンクが、25歳以下のユーザーへ提供する「ギガ学割」の特典を改訂します。ギガ学割の当初の内容は、データ通信で利用できるデータ容量100GB(実際は3GB×36カ月の108GB、11万6640円相当)か、ホワイトプランの月額料金(1008円)が3年間無料になる特典のいずれかを選べるというものです。ソフトバンクは前者のデータ増量を、毎月3GBから毎月6GBへとさらに増量し、36カ月分だと+216GB(23万3280円相当)に及びます。増量の対象は25歳のユーザーのみで、家族は100GBのまま変わりません。auの学割では、25歳までデータ容量5GBを毎月増量する特典を用意していて、22カ月使い続ければ、ソフトバンクが当初設定した108GBを超えてしまいます。今回の改訂は、auの学割に対抗したものといえるでしょう。毎月の増量(6GB)はauの5GBよりも大きいですが、44カ月以上使うと、トータルの増量は220GBとなりauが逆転します。例えば大学入学(2016年4月)と同時にauの学割を適用すると、大学4年(2019年)の11月にはソフトバンクの増量を逆転するのです。
 

1月 21st, 2016 by admin

KDDIと沖縄セルラーは、月50回まで15分以内の国際通話が無料となるオプションサービスとなる「au国際通話定額プラン」を2016年3月より開始するそうです。対象端末は「カケホ」か「スーパーカケホ」で契約している4G LTEスマートフォンまたは4G LTEケータイのユーザーとなります。月額料金は、データ定額プランで「データ定額5」以上に加入している場合は980円(免税)です。「データ定額2/3」のユーザーは1480円(免税)です。1回の通話で15分を超えた場合、超えた時間分に30秒あたり20円(免税)の通話料が発生します。また、海外での発着信や衛星電話への通話などは対象外だそうです。サービス開始当初の対応地域は、中国(マカオを除く)、香港、台湾、韓国、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、インド、ネパールのアジア10地域と、米国(アラスカを除く)、ハワイ、グアム、カナダ、ペルー、メキシコ、ブラジル、イギリス、オランダ、オーストリア、ポルトガル、ノルウェー、スウェーデンの欧米など13地域です。ほぼ日本人が拠点とする国々を網羅しているそうです。今後はさらに拡充していってほしいものですね。
 

1月 20th, 2016 by admin

スマホ 比較しましょうと言うものの、実際にスマートフォンはどんどん進化して、ひょっとしたら購入者たちを置き去りにしたともいえるかもしれません。
なぜなら、機能が複雑化して、どのスマートフォンを購入していいか判らないという問題が起こっています。しかし、実際にそうはならないように企業でもいろいろ工夫をしてくれていますが、私達もそれなり、ついて行くモチベーションが大事、みなさんはスマートフォンに対して、ちょっと辞書を開き勉強などしていらっしゃるでしょうか。 
勉強もそろそろ必要ではないでしょうか。CPUって、スマホメモリって・・・?みなさんはしっかりその程度のことを答えることが出来る必要があります。
しかし、スマホのことがよく判らないという人たちはどうすればいいかと言えば、まず、iPhoneに飛びついておけば間違いがありません。
iPhoneが一番やはり多くの人たちに支持されているベストセラー・スマホです。
ウイルスにも強いスマホ、 アップグレードによる操作性の変わらなさが私達を安心させてくれます。 iPhoneには、使わない機能は一切なしです。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-battery.html

1月 19th, 2016 by admin

旅行先や子供の行事などで写真を撮る機会が増えていると思いませんか。
それはやはりスマートフォンの普及と比例しているでしょう。
一つ前のガラケーと呼ばれる携帯電話であっても写真を撮る機能はありましたが、画質がイマイチでした。
写真などにするとボケて正直あまり性能のいいものではありません。
それに比べてスマートフォンは機種によって差がありますが、かなり高画質のものが増えています。
そしてスマートフォンでの写真はアプリなどを使って加工が簡単にでき、SNSでの共有などもそのままできるので、とても簡単です。
写真を公開することが増えることで、さらに写真というものを毎日習慣的に撮るようになり、外食するとき必ず撮る、という人もいるぐらいです。
さて、そんな写真ですが、家族や友達でそれぞれ写真を撮りあったとき共有するとき面倒だと感じたことはありませんか?
いちいち写真を選ばなければいけませんし、共有するのも面倒です。
そんな家族と共有するための一つの方法として、家庭内据置型ストレージはいかがでしょうか。
パナソニックが2月17日に発売予定で「パーソナルメモリーマネージャー」というそうです。
個人的にはクラウドを利用していたのですが、不便な部分もありました。
例えばグーグルで共有すると、アドレス帳まで共有されてしまって、知らないアドレスがどんと増えてしまったりしました。
また、パソコンに詳しくない人でも写真保存が簡単で、Wi-Fiの他にSDカードも可能です。
内蔵ストレージは32GBということですが、もう少し大きい容量のものも欲しいところかなと思います。
写真は容量を食いますし、増え続けますから。
ただ、専用アプリでクラウドサービスへの保存も可能だそうですので、その辺りで容量は大きくなる可能性はあります。
重量160gとかなり小型ですので、場所もとらずコンパクトなので、家庭用としては十分かと思います。
写真をまとめるのに困っていた人は待ってました!というような商品。
ぜひ家族と検討してみてはいかがでしょうか。

1月 16th, 2016 by admin

スペックに「高井」さんという人の名前がついてるの?何?なんかとってもすごいことなの??と思ったんですが・・きっとこれ変換の間違いですよね^^「高いスペック」と打ったつもりが「高井スペック」になったまま次に進んでしまったのかと^^まぁ、よくあることですよね。でもこれ、ITmedia Mobileに掲載されている記事なんですよね~。何のスマホについて高井スペックと書かれていたのかと言うと、LGのスマホなんです。アメリカはラスベガスで開かれている「CES 2016」。このイベントのLGブースにはミッドレンジの機種である「K10」「K7」、そして昨年秋に発売された新フラッグシップモデルの「V10」、さらにはキッズケータイなども見ることができたそうです。ミッドレンジのK10ですが、韓国ではLTE版が発売されていて、ミッドレンジながらスマホのカメラはアウトが約1300万万画素←(これも間違いで1300万画素ですよね?!)、インが約500万画素ということで「高井スペックのカメラを搭載する」とありました。プロの人でもこんな風にミスをしてくれると、私のような素人がタイピングミスをするのは当然のことだと安心できます^^

1月 15th, 2016 by admin

HDR撮影やトリミング、すれすれ写真など、スマートフォンの機能を最大限に駆使すれば、一眼レフカメラにも劣らない写真が撮れるかもしれません。美しい紅葉を見ると、つい写真に収めたくなりますよね。家族に見せたり、SNSで親しい友人にシェアしたりとスマートフォンで写真を撮る方も少なくありません。そこで今回はスマートフォンの利点を有効に生かす紅葉の撮り方をご紹介したいと思います。iPhoneを例にあげると、標準のカメラアプリでも、撮影時・撮影後どちらでもフィルタをかけることができるようになります。用意されているフィルタは8つです。紅葉におすすめのフィルタは「クローム」と「トランスファー」となります。前者は発色が鮮やかになって、黄色い葉の見栄えがより良くなります。後者は少し色あせた雰囲気で哀愁漂うノスタルジックな雰囲気を醸し出してくれるのがいいですね。好みはわかれますが、「フィルタなし」よりは素敵な紅葉を表現できると思うので、是非ともこのあたりの機能を使いこなしていきたいものです。さらに写真の下部に中途半端に写り込んでしまった建物をトリミングしてあげると、素人っぽさがなくなって完成度の高い写真に仕上げることができます。
スマホ ギャラクシー

1月 12th, 2016 by admin

ケイ・オプティコムは12月17日、JR大阪駅前にあるグランフロント大阪 北館3階にある「mineoアンテナショップ」をリニューアルオープンし、店頭での対面販売サービスの提供を開始しました。元々はこの会社社の展開するMVNOブランドmineoで取り扱う端末やサービスを体験できるショールームとして一般開放していた場所だったのですが、購入受付カウンターを設置して、回線開通用の設備を整えるなどしてより利用者が訪れやすいようにリニューアルしたものです。mineoの回線契約と端末をセットで購入したい人や、より安価な費用でスマートフォンを利用したい人などがいつでも相談、購入できる体制としました。取材当日は平日のお昼前後ということもあって、同ショップのあるグランフロント大阪の北館はひっそりとしていて、人通りもまばらだったのですが、それでも店舗内には常に相談・購入のために訪れる客が絶えない状態です。週末はかなり混雑することもあるということですよ。ショップのスタッフによれば、申込や契約だけでなく、SIMカードやセット端末の即日渡しも可能になったことですから、気軽にふらっと立ち寄ってそのまま購入に至る例も増えてきたとのことです。以前はフィーチャーフォンからの乗り換えを考える60代以降の高齢者が訪れることが多かったということですが、リニューアル後は30~50代の男女が増えており、客層に変化が見られるということです。
 

1月 10th, 2016 by admin

ドコモがiOS端末、Android端末双方の実効速度を発表しています。この実効速度はこれまで下り最大xxMbpsの表記に変わるものとして、総務省が定めたガイドラインに沿って測定されたものなのです。今後は実効速度が広告などに記載されることになるのです。LTEの普及に伴って、スマートフォンの通信速度は非常に注目される存在になっています。ネットメディアや調査会社が調査した結果が大きく報じられ、SNSでシェアされて、携帯ショップの店頭に大きく掲示されてきたのです。しかし、これまでも調査会社の計測にはスポンサーが存在し、スポンサーの意向に沿った計測(他社との比較)が行われていると疑われるケースも多くありました。そうした不公平な調査を排除するため、総務省が厳密に測定のガイドラインを策定するに至ったのです。そのガイドラインに沿った調査の第一弾として、11月中旬から12月初旬にかけて行われた調査の結果がドコモから発表されました。その結果、ドコモのiPhone6sの実効速度は49から89Mbpsとなったのです。またAndroid端末でも同様の調査が行われており、実効速度は53?91Mbpsとなっています。微妙にiOS端末よりAndroid端末のほうが速度が速くなっているのですが、これはそれぞれでの理論上の最大値が異なるのも一つの要因だともいえます。
ドコモ、総務省方式の速度計測結果を発表!
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-reset.html

1月 8th, 2016 by admin

iPhone6sのカメラは仕様、機能ともに大幅に強化されました。iPhone 6sのカメラは背面に1200万画素、前面に500万画素のものを搭載しています。iPhone 6と比較しても背面800万画素、前面120万画素より大幅に画素数が増え、より高解像度の写真を撮影できるようになったのです。前面カメラで自撮りをするときは、ディスプレーが通常の3倍の明るいフラッシュとして発光して、より明るく撮影できるようになりました。ビデオ撮影は3840×2160ドット、30フレーム/秒の動画を撮影できる4Kビデオ撮影機能が追加されています。スローモーション撮影も1080Pの解像度で120フレーム/秒、720pの解像度で240フレーム/秒に対応し、より高解像度での撮影ができるようになったのです。6sは通信機能も強化されています。前機種のiPhone 6はLTE通信が最大150Mbpsだったのに対し、iPhone 6sは複数のアンテナを束ねて高速化できるLTE-Advancedに対応し、最大300Mbpsの通信が可能となっています。Wi-FiはIEEE802.11acを利用できる点は同じですが、新たに通信に複数のアンテナを使うことで高速化する「MIMO」に対応しています。MIMOによりWi-Fiの最大速度が、以前の433Mbpsから867Mbpsと2倍となったのです。

1月 3rd, 2016 by admin

App Storeのベストアプリ『BEST OF 2015』が公開されました!今年からiPhone、iPad、Mac部門の他にもApple TVとApple Watchが追加されましたよ。2015年のベストアプリは何が選ばれたのでしょうか。iPhone部門のベストアプリは、画像編集アプリ『Enlight』が選ばれたそう。有料(480円)ですが、その分クオリティが高くプロ顔負けの編集&加工ができます。ベストアプリに選ばれるだけはありますよ。この他にもパズルアドベンチャーゲーム『Lara Croft GO』、カレンダーアプリ『Fantastical 2 for iPhone』、脳トレゲーム『Brain Dots』などが受賞しています。この中でもBrain Dotsは、少人数のスタートアップ企業がリリースしており注目を集めています。なんと150ヶ国以上&一ヶ月で1000万ダウンロードを突破したのだそう。アプリはアイデア次第だということを突きつけられました。またiTunes StoreやApple Musicのミュージック部門では、ベストアーティストにtofubeatsが、ベストソングにOne Directionの「Drag Me Down」が選ばれましたよ。映画部門のベスト映画は、『マッドマックス 怒りノデス・ロード』が受賞。iBooksのベスト小説は、伊坂幸太郎の『火星に住むつもりかい?』が選ばれたそう。まだプレイしてない・聴いてない・観てない・読んでないという方は、是非一度2015年のエンターテイメントを振り返ってみてはいかがでしょうか?
こちら