9月 21st, 2017 at 12:00 AM by admin

子供にスマホを持たせるのは心配ですが、そんな親の心配を解消して子供に安全に使用させれるのが「miraie f」というスマホです。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約136gになっていますので、子供でも気軽に持ち歩けるサイズです。
バッテリー容量は2,600mAhもありますので、普通の外出くらいなら十分だと思います。
ディスプレイは約4.7インチのTFT液晶を採用していますので、色々なことを大きくて美しい画面で楽しめます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラを搭載しています。
カラーバリエーションはスカイブルー、スノーラベンダー、リーフグリーンの3色が用意されています。
安心機能にはアプリ使用制限や利用時間制限、フィルタリングレベル設定やカメラ機能付き防犯ブザーなどが付いています。
また、防水機能や防塵機能、エコモードや居場所を確認できる安心ナビなども付いていますので安心で便利です。

9月 13th, 2017 at 12:00 AM by admin

「もうメンドクサイから一番大きいのにしちゃえ!」という方はなかなかいらっしゃらないと思いますが、「長く使いたいからできるだけ大容量のものを」と考える人はそこそこいらっしゃるかと思います。たしかに大容量のものを買っておけば一か所にたくさんのデータをまとめておくことができるので、便利に感じるかもしれません。しかし、大容量のSDカードを買う前にメモリの「大容量」という価値観はたった数年で凄まじく変動するということを知っておいてください。数年前、1GBが「大容量」と呼ばれていた時代には1GBのSDカードが何万円もしましたが、今では500円あれば普通に購入できます。今では128GBや256GBのSDカードが大容量と言われていますが、数年後には「そんな容量じゃ足りないよ」と言われるようになっている可能性も十分にあり得るのです。ゆえに「SDカード」に関して「先行投資」するということ自体を全くおすすめしません。その時、その時代の「大容量」は後から考えるとありえないくらい「高価」であり、今それを買うことが「正しい」かどうかは正直微妙なところなのです。

8月 23rd, 2017 at 12:00 AM by admin

スマートフォンを使ってノートをスキャンすることも多いことでしょう。自分のノートならば事務所でまとめて作業するのですが、外出先でもらった資料にちょっとしたメモを取った場合などは、できる限りその場でスキャンするようにしている人も少なくないのではないでしょうか。紙をなくしてしまうと後で探すのがとても大変だからです。スマートフォン用のスキャンアプリはいろいろと登場していますが、ほとんどのアプリは読み取った後で「Dropbox」などのオンラインストレージに転送する必要があります。それなら、最近のアップデートでスキャン機能が追加されたDropboxのアプリで撮影、保存するのが手っ取り早い。スキャンしたファイルはPDFとして保存できるのです。また、スキャンしたデータを「Evernote」や「OneNote」などのノートアプリに保存したいなら、それぞれのアプリでスキャンする方法もあります。だしかし、あえてこれらのアプリは使っていないという人もいるでしょう。ノートアプリを使うと、そのアプリ内のノートに直接貼り付けられてしまうので、後からまとめて取り出すのが面倒だからです。ノートアプリで書類を管理するとしても、一度、PDFなどのファイルにし、それを貼り付けた方が後で扱いが楽だと思います。PDFをEvernoteやOneNoteに貼り付ければ、手書きの文字も認識して、ファイルの中身をある程度検索できるようになります。

8月 12th, 2017 at 12:00 AM by admin

スマホカメラの進化も本当に止まらなくなってきましたよね。
なので一眼レフなんて不要なのではなんてまで言われるようになってきました。
これからはカメラの売れ行きなんかがかなり不安になってきそうな気がしますよね。
今のスマホカメラの性能というのはかなり高くなっています。
なので、下手な事をする事なく普通に撮影をするだけで綺麗な写真が撮影できるようになっているのです。
しかし、ちょっとした裏技なんかを使用していけばより良い写真撮影ができるようになったりもします。
今ではスマホを選ぶ時に重視するのはどこなのかというアンケートではなんとカメラの画質だと答える人が一番多かったようです。
若い子だけでなく、年配の方もカメラを重視するような所もあったりするのかなと思いました。
スマホカメラも今はどこの機種もこだわりを持ってたりする点でもあります。
今はスマホカメラの画像が悪いというだけで売れなくなってしまいますからそこは重要なのかなと感じましたね。
SNSを使用するのが普通となっている時代やっぱりスマホカメラは重要な所なのかと実感をしています。
スマホカメラがなければきっとこれからはすごく不便になるんでしょうね。

7月 13th, 2017 at 12:00 AM by admin

スマートフォンのゲームで楽しんでいる人はどんなゲームで楽しんでいるでしょうか?
スマホのゲームには様々なジャンルがありますので好みのジャンルを見つけて楽しんでいる人もいるでしょう。
そんなスマホのゲームの一つに「クロノスブレイド」というハイクオリティロールプレイングゲームがあります。
このスマホのゲームはスマホ史上最大レベルの壮大な冒険が魅力となっており、新世代の成長システムによってやりこみが無限大と話題になっています。
壮大な冒険とは30章・300ステージ以上となっており、主人公は精霊や天使、ホビットなどと同盟を結んで暗黒世界の魔神ドラキュラを倒しにいきます。
それと、簡単にコミュニケーションがとれるチャット機能がありますし、片手でバトル操作しながらコミュニケーションもとれます。
それに、音声チャット機能もありますので仲間たちとコミュニケーションがとりやすいと思います。
バトルコンテンツは毎日開催されるレイドバトルや最大で80対80が可能な大型ギルドバトル、白熱の対戦モードなど、10種類以上もありますので色々な楽しみ方がありますね。
このようなスマホのゲームでは豪華声優陣が声を入れていますので、耳でも楽しめるゲームだと思います。

6月 24th, 2017 at 12:00 AM by admin

8KはYouTubeで現在視聴可能な最高画質、4Kはそれに次ぐ超高画質、1080pはBlu-rayと同等の画質、720pはDVD相当の画質となっています。ちなみにそれ以下では360p、240p、144pといった画質もあります。これらは単純に数字が大きいほど高画質ということになります。ただしそれと比例して負荷も大きくなるので、視聴に使う機器や通信環境によっては再生が困難になる場合もあります。 スマホなどの場合は、この動画のようにYouTubeアプリのプレーヤー上に表示される右上のボタンをタップし、展開されたボタンの中からさらに「画質」をタップ。すると画質の選択画面が表示されます。毎回このような操作を行うのはなかなか面倒ですよね。YouTube動画をとにかく高画質で視聴したいのなら、ブラウザの機能やアプリを使って常に自動で高画質を選び再生できる方法もあります。iPhoneでYouTube動画を見るなら、「App Store」でダウンロードできるアプリ「EverTube」を使って常に高画質で再生する方法もあります。このアプリの操作はとても簡単。左上の歯車マークをタップすることで表示される設定画面にて、「画質」の項目をセットするだけ。例えば720を選択すればあとは自動的にその画質でのみ再生されるようになります。

6月 15th, 2017 at 12:00 AM by admin

スマホのバッテリーはコンパクトサイズですと持ち運びに便利です。
そんなコンパクトサイズのスマホのバッテリーが「SINOELE」です。
このスマホのバッテリーは本体サイズは幅約78ミリ、高さ約78ミリ、厚さ約23ミリ、重さ約192gという軽量コンパクトサイズになっています。
だから、ポケットに入れて気軽に持ち歩くこともできますね。
これほどコンパクトなのにバッテリー容量は10,000mAhもありますので安心ですし、USBポートが2つ付いていますので2台同時に充電できるから便利です。
また、過充電や過放電などを防ぐ多重保護システムを搭載していますので信頼性が高いですし、500回以上チャージできますので長く使い続けられます。
本体表面には可愛いキャラクターが描かれていますので可愛いと思います。
カラーバリエーションはピンク、水色、ホワイト、ブラック、草グリーンの5色が用意されています。
それに、互換性が広いのでほぼ全てのスマートフォンに対応していますので安心です。
さらに、急速充電にも対応していますので急いでいるときでも大丈夫です。
このようなスマホのバッテリーは他のモバイルバッテリーに比べてかなりコンパクトサイズになっていますので、どなたでも持ち歩きやすくておすすめできると思います。

5月 31st, 2017 at 12:00 AM by admin

ドコモのおすすめスマホの一つに「AQUOS ZETA SH-04H」というシャープ製のスマートフォンがあります。
このドコモのおすすめスマホは手ぶれに強い高性能カメラを搭載しています。
アウトカメラは約2,260万画素でインカメラは約500万画素となっており、超高性能レンズや光学式手ぶれ補正が付いていますので、手ぶれしやすいシーンでもクリアな写真を撮ることができます。
また、表現力豊かな写真が撮れる「おすすめプラス」というこだわりのカメラ機能が付いていますので、どのようなシーンでも役に立つと思います。
スマートフォンを外出先で使用するときに気になるのが充電切れですが、このドコモのおすすめスマホなら安心です。
大容量の3,000mAhバッテリーを搭載していますし、電池消費を抑える「液晶アイドリングストップ」や「長エネスイッチ」が付いているからです。
ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約155gという軽量コンパクトサイズになっています。
カラーバリエーションはホワイト、ブラック、グリーンの3色が用意されています。
このようなドコモのおすすめスマホは快適パフォーマンスで誰でも安心して使用できると思いますので、気になる人はよければ使用してみてください。

5月 6th, 2017 at 12:00 AM by admin

スマホバッテリーも今ではモバイルバッテリーがあるから困るような事も少なくなりました。
どんなにスマホを使用してもモバイルバッテリーさえあれば心配がありません。
そんなモバイルバッテリーも色々なものに搭載されるようになって便利になりました。
それは、Bluetoothスピーカーの「mode」なのです。
スピーカーになっていてデザインも和風な感じになっています。
見た感じもすごくシックでおしゃれな事もあり持っていてもちょっとこれはいいと思いましたね。
そして「mode」はスマホバッテリーにもなるのです。
2200mAhのバッテリーが搭載されているので、スピーカーとしても使用できモバイルバッテリーにも使用をすることができるのです。
音楽を聞きながら充電ができれば、それは理想だなと思いましたね。
よく音楽を聴いてしまうような方には丁度いいスピーカーなのではないでしょうか。
外出をしている時などでもこれさえあれば、音楽を気兼ねなく楽しむことができるようになるでしょう。
3Dサウンドモードとなっているため、日頃聴いている音と違ったものを楽しむ事もできるようになります。
これからスピーカーが欲しいと思っている方はチェックですね!

3月 30th, 2017 at 12:00 AM by admin

ソニーモバイルコミュニケーションズが、史上初スーパースローモーション撮影(最大960fps)に対応したAndroid搭載スマートフォン『Xperia XZ Premium』を発表しましたね。これはスペイン・バルセロナで開催された携帯電話・通信技術展示会『Mobile World Congress 2017』に合わせて発表されたモデルになります。積層型CMOSイメージセンサーの新型を採用した1900万画素のアウトカメラは、センサーが受け取った信号を高速読み出しすることでスーパースローモーション撮影を可能にするそう。ちなみにCMOSイメージセンサーは、カメラのレンズから入った光を電気信号に変換するセンサーの一種だそう。従来の仕様から信号を一時保存して最適化するDRAMを挟んだ3層構造に改良し、フルHDサイズの静止画を120分の1秒で高速読み出しできるようになりました。また被写体が動くと自動的に記録する機能も備えているとのこと(最大4フレーム)。これなら決定的瞬間を逃さずに撮影できそうですね。Xperia XZ Premiumと同時に発表された『Xperia XZs』でもこの“Motion Eyeカメラシステム”を利用できるそう。撮影するのがより楽しくなるおすすめスマートフォンです。