5月 22nd, 2019 at 12:00 AM by admin

“格安スマホのアプリについて調べると、「私のスマートフォンでは使えない」というレビューを見ることがあります。
このようなレビューが存在する理由は、格安スマホにインストールできるアプリは、すべて同じではないという特徴があるからです。例えば、「SMS認証」を必要としているアプリには注意してください。
大手キャリアのスマートフォンであれば、「SMS認証に必要な機能が搭載されているモデル」が多いため、格安スマホに乗り換えた場合は、SMS認証に手こずることが多いのです。ちなみに、格安スマホはSMS認証の有無がハッキリとしているため、必要と決まっているわけではありません。
格安SIMを使っている格安スマホの場合、事前にこのようなことを調べておくことも大事です。他にも、「auスマートパス」、「App Pass」といった、大手キャリア配信のアプリも使えなくなるため、アプリを頻繁に利用している人は、格安スマホの乗り換え前に探っておいたほうが賢明でしょう。”

5月 15th, 2019 at 12:00 AM by admin

“丁寧に削り出されたメタルフレームボディが軽量化と高級感を実現させています。
彩り鮮やかな色彩をもつ大型液晶ディスプレイや安心で便利な指紋認証センサーが付いているスマートフォンが「P9 lite PREMIUM」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはゴールド、ブラック、ホワイトの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約147gです。
ディスプレイは約5.2インチフルHD IPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは長時間使用も安心な3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン617オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは16GBで、カメラは明るいレンズがついた約1300万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンは高速データ通信が可能ですので快適に楽しむことができます。”詳しくはこちら

5月 13th, 2019 at 12:00 AM by admin

“バッテリーの残量を気にせず思いっきり楽しめる大容量バッテリーを搭載し、好みによって変えられるバックカバーやサクサク動く高性能CPUなども搭載しているスマートフォンが「Priori4」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはシルバー、マットブラック、ブルー、ピンク、グリーン、パープルの6色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約167gになっています。
ディスプレイは大きくて見やすい約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは終日安心して使える4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMT6737クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、カメラは約800万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには便利なデザリング機能が付いています。”

3月 31st, 2019 at 12:00 AM by admin

最近ではセルフ注文端末が増えている。この端末は、スマホを使って決済ができる自動販売機みたいなものだと言えば、思い浮かべやすいのではないだろうか。スマホで決済することをキャッシュレスと言うのだが、今はセルフ注文端末にその機能を追加しているところがどんどん増えている。現金なんかを使わない為、スマホさえ持っていれば財布なんかいらない時代が来るかもしれない。今はまだ、飲食店やフードコートなどでしか使われていないが、今後は駐車場などの大きなところにも採用していく予定だ。この機能の狙いは利便性だけではなく、人手不足の解決や外国人にもわかるようにする為でもある。端末にすれば、言語を切り替えるだけで外国人は何を買いたいのかわかるし、来客や観光の増加にもつながってくる。私の知り合いにも外国人がいるので、人よりも機械の方が楽で助かると話した事がある。今後は端末だけでなくスマホアプリにもこんなのを用意してくれるとなお助かる。スマホ 折りたたみ

3月 27th, 2019 at 12:00 AM by admin

ソフトバンクのサービスで「ジュニアスマホ」というものがあるのはご存知だろうか。このサービスは最近どんどん対処機種が増えていっているサービスだ。サービスの内容は主に名前の通り、子供のためのサービスだ。子供のためと言っても利用するのは基本的には、保護者が基本だ。使い方は子供が変なサイトに引っかかったりしないように制限をかけるサービスのことだ。今まではAndroidを基本的に展開してきたが、最近iPhoneも対処にし始めたのだ。保護者が子供にスマホを持たせたりするのは、安全のためや子供の友人との付き合いのためといろいろ理由はあるだろう。しかし変なサイトなんかに引っかかって、お金が発生したりするのも怖いだろう。このサービスはそういうことが起きないようにするすごいサービスだ。しかもこのサービスは利用する人によって、かけられる制限の範囲も決められるのだ。だから年齢が上がるにつれ解除していけば子供の同意も得られやすいだろう。

2月 22nd, 2018 at 12:00 AM by admin

鮮明で美しい映像が楽しめるモバイルBRAVIAエンジンを搭載し、どこでも安心して使用できる防水機能や防塵機能が付いていて2日間でも使用できる大容量バッテリーが搭載されているハイスペックスマホが「Xperia M5」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約142gとなっており、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ゴールドの3色が用意されています。
ディスプレイはモバイルBRAVIAエンジンを採用した約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2,900mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio X10オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMは3GBを採用しており、ストレージ容量は16GBで200GBまで増やすことができます。
カメラはF2.2の明るいレンズが付いた約2,150万画素のメインカメラと約1,300万画素のインカメラが搭載されていて、メインカメラは4K動画撮影に対応していますし、インカメラはオートフォーカスが付いてフルHD動画撮影が可能となります。

1月 30th, 2018 at 12:00 AM by admin

防水機能を備えていることで水回りでも安心して使用することができ、動作が重たくなる複数アプリの起動でも快適に使用できる高性能CPUを搭載しているスマホが「Motorola Moto G」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約11.6ミリ、重さ約155gになっており、カラーバリエーションはブラックとホワイトが用意されています。
ディスプレイはゴリラガラス3を採用した約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは取り外し可能な3,470mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン410クアッドコア1.4GHzを搭載していてRAMが2GBを備えています。
ストレージは8GBで16GBまで増やすことができます。
カメラはデュアルLEDフラッシュが付いた約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されています。
また、ボディに使用できるバックパネルにネイビーやターコイズ、ライムなどの10色が用意されています。

1月 24th, 2018 at 12:00 AM by admin

高精細ディスプレイや大容量バッテリーを搭載し、ボディ背面には高性能指紋認証センサーがついてセキュリティ対策も強力なハイスペックスマホが「UMi Super」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約75ミリ、高さ約150ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約185gになっていて、カラーバリエーションはゴールド、シルバー、グレーの3色が用意されています。
ディスプレイは2.5D曲面加工のシャープ製を採用した約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、液晶はゴリラガラス3で保護されていますし、ベゼル幅が狭い狭額縁設計が採用されています。
バッテリーは約12時間連続使用可能なソニー製の4,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはHelio P10 MT6755オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMは4GBになっており、ストレージは32GBで256GBまで増やすことができます。
カメラはパナソニック製の約1,300万画素メインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
ボディ背面には押しやすくて便利な指紋認証センサーが付いています。

1月 17th, 2018 at 12:00 AM by admin

ピーアップは、スマートフォンの新製品説明会を実施し、11月11日に発売しました「Mode1 RS」を正式に発表したのです。価格は2万2800円となり、同社の運営する携帯電話ショップ「テルル」や、Amazon.co.jp、ソフトバンクの「+Style」などで販売されています。「Mode1 RS(MD-03P)」は、“レース”をテーマとしたAndroidスマートフォンで、10月25日の「+Style」の発表会にて初めて披露され、今回、詳細が明らかにされたのです。外観デザインではレーシングカーをイメージし、流線形のメタルフレームを採用し、背面はMode1シリーズ共通のカーボン調の素材を使用している。ディスプレイ下にはボディカラーごとに異なるアクセントラインが入ります。プリセットの壁紙はテールランプをイメージしたもので、アクセントラインと調和する色が収録されているのです。スペックとしてはミドルレンジに相当し、画面上で特定の文字などをなぞるとアプリを一発で起動するSmart Screen機能を搭載しています。

1月 11th, 2018 at 12:00 AM by admin

ハイエンドスマホの定番SoC「Snapdragonシリーズ」の最新モデルが発表。まずは中国・シャオミの端末がリリースされそうです。クアルコムは12月5日(現地時間)、米ハワイで開催するメディア向けイベント「Snapdragon Tech Summit」で、次期ハイエンド向けハイエンドSoCとなる「Snapdragon 845」を発表しました。スペックなどの詳細は、12月6日(現地時間)に会期2日目の基調講演で明かされました。12月5日に明らかになったのは、Snapdragon 835の後継となるチップセットの名称がSnapdragon 845になるということです。また、ゲストとして、サムスン電子のファウンドリー部門を率いるES Jung氏が登壇。Snapdragon 845は、同835に続き、サムスン電子がファウンドリーとなり、製造することを語ったのです。このSnapdragon 845を搭載するスマートフォンも、開発が進んでいるとのことです。パートナーとしてイベントに登壇したのが、中国メーカー・小米(シャオミ)の会長兼CEOである雷軍(レイ・ジュン)氏