3月 18th, 2021 at 12:00 AM by admin

“5Gスマートフォンは4Gスマホよりも高速で大容量通信を可能にしていますので、今まで使ってきた4Gスマホから5Gスマートフォンに乗り換える人も徐々に増え始めています。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「ZTE Blade 20 Pro 5G」という5Gスマホがあり、安心して使用できる大容量バッテリーや冷却システム、いつでもどこでも迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約45000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約168gといった誰でも扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはライトブルーのみとなっています。
ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、HDR、ビューティーモード、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Mifavor 10)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやデュアルステレオスピーカー、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”5Gスマホで何が変わるのでしょうか?こちらを参照してください。

Leave a Reply